よくあるご質問

よくあるご質問

結婚式会場の映像セットとビデオクリア東京の価格は
どうしてこんなにちがうの?

某結婚式場でビデオだけで18万するといわれましたが、ビデオクリア東京はアルバムとスナップデータ付ハイビジョンビデオが15万ということですが、あまりの差に正直大丈夫なのか疑います?

回答いたします。

カメラマンの報酬は3万円ですが、これは妥当な金額です。会社所属のカメラマンはここからいろんな経費を引かれたり機材代と称する諸費用がかかるのでもっとずっと低いです。それはしかしカメラマンの質の低下をもたらします。

良い仕事をした者に見合ったサラリーを出してこそクオリティの高い映像となります。

あと編集者の報酬やいろんな経費など掛かりますが15万をいただけば十分やっていけます。


どうして式場のビデオ・アルバムの価格は高くなるの?

御社が適正なわかりやすい価格設定(それでも他者と比べると安価でびっくりします)なのはわかりましたが、じゃあ結婚式場の価格が高すぎるのはどうしてですか?

回答いたします。

まずは、会場のマージンです。場合によっては5割以上がマージンとなります。
20万のビデオで10万以上を会場側にバックとして入ります。

会場提携業者はそこから利益を出さなければならず、高額ビデオとなります。

それでも提携業者は黙ってそこにいるだけでお客様が訪ねてくるわけですから、高いマージンを支払ってでも会場の専属となりたいのです。

お客様不在の構図と言えそうです。


ビデオ・スナップを持ち込むと挙式撮影ができないと言われました。

外部業者に頼むといろいろ制限されます。なぜでしょう。

回答いたします。

会場側は業者からマージンを受け取ることができなくなります。
結果儲けがなくなるので、外部業者を嫌います、その結果意地悪をするのです。
意地悪とお二人の結婚を祝福するということが同居する結婚産業ってなんでしょうか。
どちらかが嘘なのです。


中間業者の存在とはなんですか?

中間業者とはなんですか?

回答いたします。

中間業者とはつまり発注元の映像会社よりも小規模のビデオ・スナップ会社と言えます。
挙式日のことを想像してみてください。
季節柄の良い日で大安とかになれば予約のカップルでどこの会場も超飽和状態です。
でも逆に真夏の時期で赤口や仏滅の日は閑散としています。
会場と契約している業者はビデオ・スナップの注文が発生したら、もう手一杯ですというような情けない返事はできません。

そのため、最大限忙しい日に備えてビデオとスナップカメラマンを確保するのですが、常時その人数を維持していくのは経費が掛かりすぎます。

そのためいわゆる複数の下請けに撮影仕事を回すのです。
そうするとどうなるか、下請け業者は自分ところのカメラマンに支持をして撮影させて仕事料を支払いますが、会社の利益は別に確保することになります。
それは誰が負担しますか?
お二人です。

映像が欲しい、とてもとても・・・そうですよね。なのに会場の単価が高すぎて・・・

よく聞くお話しです。じゃあどうすればよいか・・・このサイトにきたならもうわかっているのに、

プランナーさんの圧力に負けてしまってギブアップというようなお客様。

たくさん見てきました、逆に強気と正論で相手側を打ち負かす、勇敢な方もたくさん・・・

でも勇敢なのでしょうか?

違います、当然の権利を主張しているだけです。

それを知らないあなた、しっていても抗議できないお二人はとても良い人です。

誰から見てでしょう、そう会場側から見てとても鴨らしい良いひとです。

たくさんの経費を払って良い人になりたいですか?決めるのはお二人です。

お問合せ受付中

お問合せはお気軽にどうぞ

080-3138-0030
お問合せフォーム

ご連絡先はこちら

東京ブライダルビデオ
ビデオクリア東京

080-3138-0030

代表の宮本です。親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。