持ち込み禁止への対策

会場に断ることなくビデオを撮る方法

ビデオは外部業者へ申し込もうと思っています。なんてことを一言でも口にだしたら、プランナーはヒステリーをおこして、悲鳴を上げたのち鬼のような形相になって、断固無理ですと言うことでしょう。

そして、すごすごと引き揚げますか?会場の言い値の20万ほどするビデオを注文するか泣く泣くあきらめるか二つに一つですよね。

でも心配いりません。会場にいちいち断ることなくビデオが撮れるのです。

そのためにはすることは一つ私を列席者にすることです。

そして次に決断することは、挙式は基本席からの撮影として理解することとメイクシーンのビデオはまず撮れないし、撮らないとあきらめることです。スナップがあれば特に問題はありません。

あとは私が席から式を撮り、披露宴でも全部映して見せます。

お二人は私の席を用意して、場合によっては引き出物も用意してください。

引き出物はあとで返却します。

それで何のストレスもなく挙式披露宴のビデオは一切の持ち込み料を払うことなく撮れます。

任せてくださいますか。

どちらを選択しますか

持ち込み制限にたいする、新郎新婦さんの姿勢で一番大切なことは粘着力です。

当サイトをご来いただいている以上、何とか経費を削減したいと考えておられるのは明白なのに、半ばあきらめ気分も同居されているのではないでしょうか?

たのしい、思いで深い結婚式を挙げようとされるのは当然のことですが、その思いはその後も続いていかせないといけないのではないでしょうか。

その後というのは具体的な暮らしであり、経費です。

波風たてずすべて会場側の言い分(このようになっています)に従って、高いビデオ(スナップ)を選ばれる方はたくさんおられます。

ですが、結婚式後一定の期間がすぎたとき、はるかに安価で上品質なビデオ(スナップ)があることを知って後悔されている方をたくさん知っています。

少しでも経費をおさえてその後の暮らしの足しにしたかったのに・・・というわけです。

そんな思いをしないためにもどうしたらよいかはこのサイトをごらんいただいたらわかっていただけていると思いますが、何よりもお二人の何とかしなければという強い思い、粘着力が必要です。

先手必勝という考えで、強く交渉のあと最後は業者を列席者に

持込み対策!!
これを考えないといけないのが今のブライダル業界の最大の難点。

二人が自分のために自分たちで選んだ人にビデオや写真を撮ってもらうのに会場側がとやかく言うこれが突き詰めれば持込み対策の正体です。

たとえ家族であってもダメなんて他の業界であるでしょうか?

ホテルでの集合写真をホテル内スタジオでホテルの業者に撮ってもらうことは業者のスタジオであり、何ら問題も疑問もおきないのですが、これが挙式披露宴でのスナップやビデオに権利を主張してくるのが専属業者と会場のごり押しです。

なんといっても、提携業者が莫大な契約金を払ってホテルと専属契約をすることが起因しています。

そして最近の会場マージンの大きいことは言うまでもありません。

ビデオ代金の7割は会場側のバックというところがあることも耳にしたことあります。

これではビデオ・スナップ価格は高騰し続けるわけです。

対策を練りましょう。

会場側と交渉前にビデオクリア東京に相談するのがベターです。

どこの交渉もそうですが、事前の下調べとあと一歩も引かない交渉力そして最後は知恵なのは言うまでもありません。

簡単でもっとも自由がきくのはカメラマンを列席者にする招待客法が一番良いのですが・・・

そんなことも含めてどうぞメールや電話で相談してください。

持込み対策は会場を選んだときから始めましょう。

<まずは会場選びが先は間違いの始まり>

結婚式準備のスタートはまず会場選びからという考えをほとんどの方がお持ちです。

正解でしょうか、私は間違っていると思います。

それと同時に司会、ビデオ、スナップなどの持込みに対してしっかりと事前知識を仕入れて会場選びのスタートと並行して進めていかなければなりません。

ビデオ写真はあと回しで大丈夫とおものでしたら、もう会場との折衝で勝ち目は少ないでしょう。

私は持込み規制はすべてのカップルの結束で打破できると信じています。

法外な持込み料を取ったり、挙式撮影制限をしたりするところは淘汰されないといけないと考えています。

お二人を含めたその他すべての結婚当事者が持込み規制会場で式を挙げないということが大事です。

会場選びを終えて、いろんな段階が終わって話も進んだときビデオやスナップ代金が高いので持込みにさせてくださいと交渉しても時期は終わっています。

その時、じゃあ別の会場を探しますからキャンセルと言ってもキャンセル料を取られてしまうのです。

だから、最初の段階でお宅で挙式を上げるがビデオとスナップはこちらの知り合いで撮りたい。

それが可能という前提で会場と契約したいのです。・・・と交渉することでどんなに有利な立場になるか?

お二人はすべてが初めての経験でしょうから、そんなところまでわからなかったと言われるでしょう。

でも、それはすべて不利益となって帰ってきます。

こんな会場 あんな会場

お二人にこんなことをいうの?

大阪の京橋にある、庭園のきれいなことで有名な会場のお話です。

私たちは持込みですが、招待客として参加させていただきました。

挙式前、時間があるのでそのお庭で記念のスナップとビデオを撮りましょうというと、
花嫁さんの反応がはなはだ鈍いのです。

どうしました?とお聞きしましたらこの会場のプランナーさんに、持込みの場合はお庭での撮影を遠慮してもらいたいと断られたと言うのです。

この会場の庭園で写真を撮ったりできないなら、ここで挙式を上げる意味はありません。

なのに庭園に行くなと平気で言えるプランナーさん。

会場の真意は別のところにあるのかもしれませんが、このように説明したプランナーさんは、明らかにプランナー失格です。いやそもそも結婚産業に携われない人です。

この会場は決して三流の会場ではないのですが、人がいないようです。

映像が欲しい、とてもとても・・・そうですよね。なのに会場の単価が高すぎて・・・

よく聞くお話しです。じゃあどうすればよいか・・・このサイトにきたならもうわかっているのに、

プランナーさんの圧力に負けてしまってギブアップというようなお客様。

たくさん見てきました、逆に強気と正論で相手側を打ち負かす、勇敢な方もたくさん・・・

でも勇敢なのでしょうか?

違います、当然の権利を主張しているだけです。

それを知らないあなた、しっていても抗議できないお二人はとても良い人です。

誰から見てでしょう、そう会場側から見てとても鴨らしい良いひとです。

たくさんの経費を払って良い人になりたいですか?決めるのはお二人です。

お問合せ受付中

お問合せはお気軽にどうぞ

080-3138-0030
お問合せフォーム

ご連絡先はこちら

東京ブライダルビデオ
ビデオクリア東京

080-3138-0030

代表の宮本です。親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。